2012年8月17日金曜日

SOLAR班 最終日 ☀

更新が遅くなり申し訳ありませんでした。


SOLAR班 最終日の様子をお伝えします。

この日は朝から反省会。発表が終わってもまだまだ真剣。5日間を振り返ってミッションの問題点や、ミッション作成にあたって十分な議論ができたかについて話し合っています。

みんなもっともっと議論したいこともあったと思います。でも、はじめはバラバラだった考えがどんどんまとまって、具体的に衛星のデザインまで形にできたのはすごく良かったと思います。
ミッションの背景をしっかり共有できてたので、それぞれの部分を分担して作業しててもミッションへの認識は共有されて一貫性のある内容に仕上がったと思います。



 .。・:*:・゜`☆ .。・:*:・゜`★ .。・:*:・゜`☆ .。・:*:・゜`★ .。・:*:・゜`☆ .。・:*:・゜`★ .。・:*:・゜`☆ .。・:*:・゜`★

つづいて修了式。
校長先生から修了証が授与されました。





みんなおめでとう!!!


・・‥……━━━……‥・・‥……━━━……‥・・‥……━━━……‥・・
修了式後の記念写真


なんと! 高校生からスタッフへの寄せ書きをいただきました。感動して目の潤む班長!
さらにスタッフのオリジナルキャラも作ってくれました。そっくりでびっくり。
みんな本当にありがとう。 感動した!

 ,,,☆''' ,,,☆''' ,,,☆''' ,,,☆''' ,,,☆'''


最後の集合写真を前にM-Vロケットの見学
M-Vの2段目ノズルは実物なので耐熱構造などを隙間からチェック!
火薬の香りが残っているとの噂があるのだが・・・ どうだったかな?
(普段こんなことしてると警備員さんに叱られますよ)

それは無理だろ(笑) 次は君の知力でロケットを宇宙まで持ち上げてくれ!



この後、1階の常設展示室を見学。SOLAR班の太陽光反射衛星にも大型の鏡を使う構想だったので、はるかのアンテナなど大型構造物を中心にそれぞ れスタッフの得意分野の解説付きで見学しました。 自分の分野になると熱く語りだす大学院生たち...駆け足でしたがちゃんと伝わったでしょうか??
はやぶさ2のコスプレをしたはやぶさの前でパチリ♪

駅へのバスを待つみんな。いよいよお別れの時間です。
きみっしょん期間中いつもスローだと事務局から御叱りを受けてたSOLAR班、展示室でスタッフの解説が長引きバスに乗るのもやっぱり最後になってしまいました




淵野辺駅で解散直前
名残惜しむみんな。SOLAR班のパネルは6分割されてみんなで持って帰ることに。



5日間、本当に一瞬で過ぎてしまいましたが、宇宙研という普段と異なる環境の中で深い議論ができ、多くのものを得られてたのではないでしょうか。 それぞれ異なる夢を持ったみんなが集まり、漠然としたアイデアやみんな違った意見を出し合って、一つのミッションを作り上げたことはとても大きなことだと思います。 きっと新しい視点を得る事ができたことでしょう。 もちろん私たちスタッフにとっても多くを学べた5日間でした。 きみっしょんは終わりましたが、この5日で得られたものが将来への糧になってくれることを願っています。



それではみんな、また逢う日まで!!


2012年8月16日木曜日

PLANET班 最終日

きみっしょん最終日

今更ながら更新しますよ! ...あと出しの名は私にこそふさわしい?Godです.


昨日の最終発表はみんな堂々としてましたね!
発表内容以外のことも班内でたくさん話し合い,調べて情報共有をしていたので,質問にはみんなが答えることができていました.PLANET班のチームワークは素晴らしい!

今日はまずはじめにミッションづくりの反省会.
一人ひとりがミッションづくりで感じたことや,スタッフが心に秘めていたことを述べました.

PLANET班が他の班と大きく違ったことは,スタッフが高校生の話し合いの内容や方針を決めることがほとんどなかったことです.基本的には見守っているだけで,結論がなかなか出そうになかったり,ミッション全体の流れを意識して欲しい時にだけ,介入を行いました.
これは,きみっしょんのモットー「自ら考え,自ら決定し,自ら作業する」をできる限り体験して欲しかったことが大きな理由です.
大学院生スタッフのサポートは最小限であったにもかかわらず,あれだけのミッションをまとめあげるとは...5日間でのみんなの成長はぱないの!


修了式!ごめん,うまくとれていない人もいるけど.みんなお疲れ様!







5日間,楽しかったね!PLANET班スタッフも集合!

デブリンとの涙のお別れ....

大怪獣(2作目) ともさよならだ!


なんと!高校生のみんなからスタッフに向けた寄せ書きが!!すごくうれしかったです


そろそろお別れの時間...だけど笑顔!!



 JAXAジャケットを着てM-Vの前で記念撮影.自分のJAXAジャケットを着たいと言ってくれた子もいますよ!!!IES兄さん,ジャケット貸してくれてありがとうございます!


ついにISASから出発!みんないい笑顔!!初日の不安そうな顔はもう忘れた!


PLANET班は不滅だ!みんなと出会えてほんと良かったです...

きみっしょんで出会った仲間をいつまでも大切に!!


この5日間は始まりで,みんなの宇宙ミッションはこれからです.きみっしょんで得たものを忘れないで,これからの人生を楽しんでください!

また会おうね!!!

2012年8月12日日曜日

きみっしょんお疲れ様

高校生の皆さん こんばんは
おかやまです
今回は高校生へのメッセージということでブログ記事を書かせて頂きます

きみっしょんお疲れさまでした
みんなきみっしょん来てよかったかな?
もし少しでも来てよかったと思ってくれてるなら僕たちとしては本当にやってよかった,って思います

最後の修了式でみんなに伝えた言葉が全てですが,本当に僕たち院生も皆さんのおかげで大きく成長できました
皆さんがミッション作りで達成感を味わってくれて始めて,僕たちも達成感を味わえる
つまり,皆さんがいて初めて,僕たちも頑張れるわけです
本当にありがとうございました

事務局は毎年,班属スタッフに比べると高校生との距離が遠いのですが,皆さんの優しさとデブリンのおかげで本当に楽しめることができました
あるスタッフが僕にいいました
「毎年事務局ってなんか高校生とあまり仲良くなれなくて寂しいって聞いてましたけど,ふとしさん,めっちゃ楽しそうですよね」
僕の回答は
「うん,めっっっちゃ楽しい」
でした
本当に楽しかったです

最終日の修了式で皆さんの顔をみたとき,その顔つきから,みんな何かしらのものを持って帰ってくれるんだろうな,という確信があって,本当に嬉しい気持ちになりました

皆さん,自分の未来へ,宇宙へ向かって大きく羽ばたいていってください






こんな風に
本当にありがとうございました

2012年8月11日土曜日

MUSES班4日目&最終日!!

こんばんは!MUSES班スタッフのふなこしです!

昨日,ついに5日間のきみっしょんが終わりました!名残惜しいです…

4日目と最終日の高校生たちの様子をお伝えしていきます(^^)




まずは4日目!

最終発表会に向けて,いよいよ本格的な手段の検討とまとめに入りました.

高校生が主体的に議論をしてくれていて,院生スタッフは感心しながら見守っています.



ですがスタッフもさぼっている(?)わけにはいきません!

知識が足りないところや違った視点のアドバイスは院生がサポートして,高校生と一緒にミッションを作っていきます.




そしてそして…!ついに来ました最終発表会!

ちょっと緊張気味の高校生たちですが,自分たちの成果を見せてやろうとやる気満々です!



満員御礼の宇宙研の大会議場.学会などでも使われる,宇宙研で一番大きな会議場(のはず)です!

宇宙研の先生方もたくさんご来場くださいました.

高校生たちは原稿の最終チェックをしているようですね…


さぁいよいよ発表です!

気になるタイトルは…?! ドン!!


そうだ,地球を見よう
~気軽で楽しい高軌道旅行~



軌道計算などもきちんと発表できていたので,会場の先生方からも感心の声があがっていました.


宇宙研の先生方を感心させるなんてすごい!!


「JAXAの予算を2倍にしますっ!」





最終発表会が終わったら,もちろんそのあとはお疲れ様パーティー!!!

皆,活き活きとした顔をしていますね~!




高校生たちに一言づつコメントをもらっている様子です.

発表会のおかげで度胸がついたのか,堂々とスピーチしていく高校生たち.

これまでのきみっしょんの感想などを話してくれました.







5日目!!ついに最終日です!


まずは昨日までのミッション作成についての反省会.

何をもっとどうすればより良いミッションが作れるか…

最終発表が終わっても高校生たちは妥協なんてしません.



そのあとは修了式.山村校長先生から修了証を手渡されます.

皆本当にお疲れ様!!!!


上手く撮れなくてごめんよ…







最後にMUSES班の高校生とスタッフみんなでパシャリ!

いい笑顔!!!!

掛け声はもちろん「イエス!」です!(笑)



そしてなんと!別れ際にサプライズで高校生から寄せ書きをいただきました!


嬉しい限りです…もうね,感無量...

でも!それだけじゃ終わらない!実はスタッフからも高校生へ手紙を書いてました!!


お互いサプライズでびっくりしたようでしたが,喜んでもらえてよかったです!!!

感極まってウルッときちゃった子も…

女の子を泣かせてしまうなんて罪な班長さんですね!(笑)



そして別れのとき…

スタッフ全員で高校生たちを見送ります.

バイバーイ!!!!


淵野辺駅にて,最後の最後の集合写真.


ここ淵野辺駅から自分の地元へ帰っていくわけですね…

全国各地,学年も性別もバラバラな高校生が「宇宙」というキーワードだけでここ宇宙研に集い,5日間ともに一喜一憂したことは,考えてみれば本当にすごいことです.

東北から四国まで,普通に生活していただけだったら絶対に出会うことがなかった高校生たち.

この繋がりは,きっときっと一生なくならないことでしょう.


皆!!!また会おうね!!!!!!